万葉亭の裏にピンク色のムクゲ(木槿)が咲きました。

万葉亭の裏にピンク色のムクゲ(アオイ科)が咲きました。
ムクゲはハイビスカスと同じ仲間みたいですよ?
しかもムクゲは大韓民国の国花で、韓国の象徴とされ、国章にも意匠化されているらしいです・・・。
ちなみに万葉亭を担当している奥さんが韓国好きです。
だから植えたのかなあ・・・・?
そこら辺は謎ですが・・・・食堂から見える花なのでみつけてくださいね!
ムクゲとは?
(木槿、槿、Hibiscus syriacus)はアオイ科の落葉低木。大韓民国の国花で、しばしば韓国の象徴とされ、国章にも意匠化されている。
中国、インド原産。夏から秋にかけて赤、白、紫などの美しい花をつけ観賞用に多くの品種があり、栽培される。
高さは3?4m。花期は7?10月。花の大きさは10cmほどで、朝方に花が開き、夕方にはしぼんでしまう一日花。しかし、花が次々に咲き、花期が長いため朝鮮語では無窮花(むきゅうか・ムグンファ )と呼ばれる。ムクゲの和名は木槿または無窮花の読みによるといわれる。
ムクゲ(木槿)アオイ科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です