鏡開き

昨日の、1月11日は、正月の年神に供えておいた鏡餅を、おろす日だそうです。
室町時代の武家で始まった行事で、鏡餅を刃物で斬る事は、切腹を連想するので、忌みきらい、手や
槌で割っていた為に、鏡開きと云われるそうです。武道場などは、この日、初稽古をして、その後、鏡開きした餅を、お汁粉にして食べるそうですよ。
鏡開き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です