福寿草の花芽

今日は、早朝から、強風が吹き荒れています。

群馬といえば、「かかあ天下と空っ風」などと云われていますが、2月から3月にかけては、台風並みの、強い北風がふきます。そんな頃から、少しずつ春めいた光お感じるようになります。

庭先の福寿草も花芽をもたげ始めました。すぐそこに、春の足音を感じます。

福寿草の発芽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です