矢瀬(やぜ)遺跡

休日のたびに通る道筋の途中に、矢瀬親水公園があります。いつもは、通り過ぎてしまう場所ですが、先日の休みの日に、ちょっと寄って見ました。上毛高原駅の北東にあり、駅から歩いて、5分位の所です。

公園内に、矢瀬遺跡があります。ここは、縄文時代、後期から晩期にかけての集落跡です。

水場で、祭祀遺跡を中心とした5000?もの規模を持つ集落で構成されています。

54点の木柱根が発見されていて、直径75cmの巨木をはじめ、、35cmをこす木柱根などが、大部分のようです。竪穴式住居も22棟見つかっています。

なかでも、四隅袖付炉を備えて、祭祀行為を行ってきたと考えられる竪穴住居が、全国唯一の事例として、紹介されています。

ここの遺跡から出土した遺物は、上毛高原近くの、月夜野郷土歴史資料館で、見学できるかと思います。

矢瀬(やぜ)遺跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です