遂に花が!?

遂にあの花が咲きました!!

そうです、金のなる木です!!

これで僕もお金持ちの仲間入りが出来るかも!?

去年は1つも花を咲かせてくれなかったんですが、先日植木の手入れをしていると本当にたった一つだけですが白いちっちゃな花が咲いていたんです。

金のなる木とは、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で「カゲツ(花月)」とも呼ばれます。

色々な呼び名がありややこしいですが本来の和名は「フチベニベンケイ」といいます。

属名のクラッスラは「やや厚い」という意味で葉に厚みがあるところから来ているのではないかと思います。

茎が太く、大きくなるにつれて枝分かれして大きさは1mを越します。大株のものは一見樹木のようにも見えます。

「カネノナルキ」の由来は葉が丸っこく分厚い形でお金のように見えるからとか、 新芽に5円玉の穴を通して鉢植えとして売られているからだとか人によっていうことが違うので、はっきりとした由来は判りません。

まあ何にしてもなかなか花を咲かせてくれないようですが、来年はもっといっぱい花を咲かせてくれればいいんですけどね。

そうすればもっとお金持ちに・・・・・・・・・・・・。

 

金のなる木 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です