歌 碑

みなかみ町永井の奥にある法師温泉は、多くの文人に愛された所で、その手前にある永井宿にも、文人達が立ち寄ったのでしょう。若山牧水と、与謝野晶子の歌碑があります。

今は、資料館になっている所に、以前は学校があったそうです。その庭に、牧水の「山かげは、日暮れはやきに、学校の、まだ終わらぬか、本読む声す」と歌碑が刻まれています。

猿ヶ京へおこしの際は、法師温泉や、永井宿にも立ち寄られてはいかがでしょうか。

 

歌 碑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です