天一(てんいち)美術館

当館から水上方面に向かって30分ほどの谷川温泉の木立の中にひっそりと「天一美術館」は佇んでいます。

名店「銀座天一」の矢吹勇雄が吉村順三に依頼して建てた美術館で、自身で収集した内外の

有名作品を展示しています。中でも岸田劉生の「麗子像」が三点並んでいるのは圧巻で、その他

にも梅原龍三朗、藤田嗣治、マチス、ピカソなど数は多くないけれど有名画が間近に見られます。

その他にもバーナードリーチや古伊万里などの器もあり私が想像していたよりはるかに充実していました。

しかし何よりもここは都会の美術館では味わえない自然の空間が、訪れる人を癒してくれるということにあるのでは。

見終わった後に出されるハーブティーとひとかけらのチョコレートの美味しかったこと!!

入館料は1000円です。

 

天一美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です