シオカラトンボ

最近、いろんなところでトンボが飛んでいるのを見かけます。

今日は木の枝にシオカラトンボが止まっていたので写真を撮ってみました。

このシオカラトンボ、なぜシオカラなんだろうとふと思い調べてみました。

雌雄ではあまり大きさは変わらないのですが、老熟したものでは雄と雌とで体の色がかなり違うようです。

雄は老熟するにつれて体全体が黒色になり、胸から腹の前方が灰白色の粉で覆われるようになりツートンカラーになるんです。

この粉を塩に見立てたのが名前の由来だそうです。

ちなみに稀に雌でも粉に覆われてシオカラっぽくなるものいるようです。

僕は見た感じがしょっぱそうだからシオカラなのかなぁと思っていました。

 

シオカラトンボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です