雲の街

すっきりと晴れて、心地の良い風が吹く良い一日でした。

日が落ちる少し前、東の空の向こうに雲の街を見つけました。

雲の街は、少し歩けば辿り着けるくらいにすぐそこにあるように見えました。

夏の雲は壮大で力強く、不思議な生命力であふれています。

幼い頃、夏の雲を何時間もぼんやり眺めているのがとても好きでした。

強い日差しでぽこぽこと浮かび上がる幾つもの凹凸に

架空の街や人や暮らしを想像して、

自分も雲に住めたらいいのになぁと思ったりしました。

様々な雲がゆっくりと移動しながら形や色を変えていく様は

いくら見ていても見飽きる事はありません。

そんなことをぼんやりと思っていたら、ひときわ明るい金星が姿を現して

辺りはゆっくりと夜の空気に包まれてゆきました。

深い群青色の空に小さな星も現われ始めて

気が付けばもう満天の星空です。

雲の街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です