アキアカネ

今回の写真のトンボはアキアカネという名前で、いわゆる赤とんぼと呼ばれるやつです。

ちなみに赤とんぼの仲間には赤くない種類もいるようです。

諸説ありますがこの時期のアキアカネは、暑さを避けるために高地や山で過ごすんです。

そしてその間にたくさんご飯を食べて体重を増やし、8月下旬頃から赤く色づき始めます。

暑さが和らぎ秋風が吹く頃に山を降り、稲刈りの時期にたくさん見られるようになります。

赤とんぼといえば秋と思っていましたが、山や高地では夏の昆虫なんですね。

 

アキアカネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です