あけび

ガルニのテニスコートのフェンスに沿ってあけびがびっしりです。

これまであけびが食べられることは知っていたんですがどこをどのようにして食べるのかと言う事はあまり知りませんでした。

そこで引用になりますが少し調べてみました。

あけびは、割れた紫色の果実の中の白い部分を食べます。この白い部分が熟して半透明のようになってくると、食べ頃となります。旅館や料亭では、実ではなく皮を料理として利用しているそうです。あけびの皮に詰め物をして、蒸し物や揚げ物にしたり、皮を細かく切って炒めたり、ゆでたりしてあくを取ったりします。本などで紹介されているあけびの料理法のほとんどが皮を利用した料理です。

とりあえず実と皮が食べられるという事ですね。

有り余るくらいあけびが生っているので今度チャレンジしてみようと思います。

うまく出来たらまたご報告したいと思います。

 

アケビ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です