八手とあおき

この辺りも木々の葉はほとんど散り、紅葉したもみじを残すのみとなっています。

玄関を飾る物も乏しくなったので、沼田の実家に行き、八手の枝を切ってきました。ついでに裏山に入り、自生しているあおきも、実を付けているのを切って、一緒に飾りました。八手は、初冬に花ともいえないような、白い花を付けます。この季節、緑が少なくなるので、ちょうど良いですよ。八手もあおきも、水を替えたり、枝を切り詰めて管理すると1ヶ月位はもつので助かります。

八手とあおき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です