神明神社、太々神楽

毎年4月16日は、神明神社の春祭りです。
ここ、猿ヶ京地区には太々神楽が継承されていて12件の家で、親から子へ受け継がれています。
衣装と面を付け、笛と太鼓の音で舞台で舞い躍ります。
以前は、いろんな地区で継承されていたようですが、現在は、途絶えてしまっている所が多いようです。
猿ヶ京の太々神楽の人達は、そんな所に頼まれて、出張もする事があるようです。
できる限り残して行きたい、この土地の文化です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です