あるじなき梅

月夜野インター近くの側道の山側に、住む人が居なくなって、朽ちかけた茅葺(かやぶき)であったと思われる家。その前に大きな梅ノ木が今、花をいっぱいに付けています。私が実家へ墓参りの行き帰りに良く通るので、毎年、目を楽しませてもらっていますが、笹が年々増えて、家をのみこみそうな感じです。昔の家は柱なども太く、造りもしっかりしているのですから、ヨーロッパのようにリフォームをしながら使えたらいいのにと思うのですが・・・。

あるじなき梅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です