島崎藤村と小諸

私は、高校時代、文芸部の末席におり、部員、仲間、それぞれに好きな作家がいました。藤村は、同級生で現在も交友のある一人が割合に詠んでいたと思います。私も釣られて「千曲川旅情の歌」は暗唱できるようになりましたよ。先日、久し振りに小諸の懐古園にある藤村記念館に立ち寄り、見学しながら、懐かしい思いがわいてきて、詩が口をついて出て来ました。若い時に覚えたものは忘れないものですね。

 

島崎藤村と小諸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です