山の恵み その2

私達と長く一緒に仕事をしているあきちゃん、夕方、知り合いの所から頂いた直径17cm位ある、立派な竹の子と、採れたてのワラビを届けてくれました。さっそく大きな鍋で、竹の子を米ぬかを入れて湯がきました。ワラビは、木灰を一掴み振り入れて、熱い湯を注ぎます。明日の朝にはアクが抜けて食べられますよ。

山の恵みその2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です