歌人 若山牧水

群馬に長くいながら、旧 六合村(くにむら)は、通ったことがある位でした。休日を利用して、和歌山牧水が歩いた、暮坂峠を通って六合村まで行って来ました。峠には、牧水の像と「枯野の旅」の歌碑が建っていました。牧水は、大正11年10月、信州佐久から嬬恋、草津、六合を通り、日光湯元まで旅をし、紀行文「みなかみ紀行」を書いたそうです。私のいるみなかみ町は、その紀行文を参考にし町名が付いたそうです。

歌人 若山牧水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です