司 修のえものがたり

先日、久しぶりに娘と、高崎の群馬の森の中にある県立近代美術館で、司 修さんの絵本の原画展を見て来ました。「セロ弾きのゴーシュ」や、「みにくい あひるのこ」など、見覚えのある絵も幾つかありました。普通、絵を見たら作者が判るのが多い中で、司さんの絵は、油絵、水彩、版画、CGなど様々な手法で製作され、それぞれ画風が異なるのです。一人の方が手がけたとは驚きです。

司修のえものがたりー2

司修のえものがたり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です