夏祭りの「おてんま」

昨日の早朝6時集合で、夏祭りの万灯(まんど)小屋作りに行って来ました。
私も猿ヶ京へ来るまでは知らなかったのですが、この地区では共同作業のことを、「おてんま」といっています。
いろんな職業の方がいるのですが、高い所で、骨組みをして下さったのは、大工さん、塗装屋さん、左官屋さんなど、建築に関わっている方々でした。二日か間のお祭りの後は、又、別の隣保班の方達が解体して、倉庫へしまいます。
まつり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です