なんだか奇妙な花・・・その名も 『てっせん』 。

なんだか奇妙な花・・・その名もてっせん (きんぽうげ科)です。
花言葉は心の美しさ・たくらみなんだそうです。
私は今回初めてこの花を見ましたが一目見て外国の花っぽいなと思って調べてみると・・・原産地は中国みたいです。
そういわれると花の形が中国っぽいな・・・?
詳しくは下記の説明をご覧ください。
てっせんとは?
中国原産のつる性植物で、わが国に伝わったのは江戸時代とも室町時代ともいわれる。漢字で書くと鉄線、花に似合わない名だが、茎が針金のように細く強靱(きょうじん)であることからこの名がついた。中国では鉄線蓮(てっせんれん)という。
同じ仲間に日本原産の風車(かざぐるま)がある。見た目はてっせんとそっくりだが花の大きさ、花びらの数が異なる。この風車と鉄線をベースに交配した改良品種群が、ご存じクレマチスである。
面白いことにてっせんは花びらをもたない。花のように見えているのは実は萼(がく)なのだそうである。
ヨーロッパでは建物の入口や道ばたに生い茂って、道行く人々に涼しい日陰をつくったことから“旅人の喜び”などと呼ばれた。
と言うことです。
てっせん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です