能古島に片思い・・・?

研修の間に能古島へ行ってきました。
あの井上陽水の歌にもなった能古島です。
歌の名前は能古島に片思い
九州の人は見んな知っているそうです。
下の写真はのこのしまアイランドパークの写真です。
一面にマリーゴールドが咲いていてとてもキレイでした。
景色も良くてなかなかでしたよ。
もし福岡に行かれることがあればお勧めする場所ですね(笑)
能古島とは?
博多湾内に浮かぶ西区能古島は、東西2km、南北3.5kmの南北に長いナスビ形の島で、全体が台地状を呈し、最高所の標高は195mである。これまでの調査で弥生時代の遺跡や古墳群が見つかっており、奈良時代の『万葉集』には遣新羅使や志賀白水郎の歌のとして能古島の名が登場する。歌からはこの島に防人が配置されていたわかる。平安時代には牛牧が置かれ(『延喜式』)、1019の刀伊の入冦の時には大きな被害を受けた(『朝野群載』)。近世の能古島は廻船の基地として栄え、また福岡藩の鹿狩りの猟場であった。
能古島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です