「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿・・・・・」

つい二日前のことです・・・。
しだれ桜の枯れ枝を見ていたら白いカビのようなものが付いているのを発見しました。
今は梅雨で湿気が多いのでそのせいかと思いましたが、白い斑点はすべて枯れ枝についているので病気だろうと言う判断をしました。
よって他の枝に病気が移るのを避けたいので桜の枝を切り落とすのですが・・・・・はしごに登ってみると高いし不安定だしチョー怖い・・・ある程度までは我慢できる高なのですが、丸一の二階を越えた辺りになると足がすくみました(苦笑)
下の写真は少し低い位置から写真を撮ってもらったので大丈夫な顔をしてますでしょ?
桜の木を切った後は枝から菌が入らないようにする為、薬を枝の切り口に塗っておきました。
「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿・・・・・」と言う言葉があるように桜は病気になりやすいようです。
こうすることで来年もいい花が咲いてくれるとうれしいですね。
桜の木

「「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿・・・・・」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です