東洋のナイアガラ!!奥利根にある吹き割りの滝!

今回は東洋のナイアガラといわれている吹き割りの滝の紹介です。
国の天然記念物に指定されていることもあり、すごい迫力です。
滝のすぐ近くまで見にいけるので見ごたえ十分だと思いますよ?
私も何度か行ったことがありますが1回は見ておきたい観光スポットの一つです。
夏は涼しくてちょうどいいと思うので立ち寄ってはいかがですか?
きっと感動すると思いますよ。
吹き割りの滝
昭和11年12月16日文部省より天然記念物に指定された吹割の滝は、高さ7m、巾30m余りに及び、豪快に落下、飛散する様から、”東洋のナイヤガラ”と言われています。
その名の由来は、凝灰岩、花崗岩の川床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸蝕し、多数の割れ目を生じ、あたかも巨大な岩を吹き割ったように見えるところから。
吹割の滝に続く鱒飛びの滝の壮絶な景観、そして獅子岩と呼ばれる岩壁群の奇景など、独特の渓谷美を見せています。
吹き割りの滝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です