ガルニへ行く坂の途中にヒガンバナが咲いています。

もうお彼岸も終わってしまいましたが・・・・・ガルニへ行く坂の途中にヒガンバナが咲いています。
ヒガンバナは別名で死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)なんていわれているらしく・・・・あまり縁起のいい花ではないようです。
また、この花には毒があるらしく・・・・食べると死んでしまった人がいるそうです。
お墓に植えてある理由はヒガンバナの毒で動物に掘り起こされないように植えてあるみたいですよ?
だからお墓の花ってイメージがあるんですね??
調べてみて私も納得です(笑)
興味がある方は下記のアドレスをクリックしてみてください!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A
ヒガンバナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です