旅籠屋丸一の部屋にある襖の書画

旅籠屋丸一の部屋にあるの書画は七代目友七が建てた蔵の中にあったものです。
友七は書画やまくりなどの収集が大好きだったらしく今でも丸一にはたくさんの書画が残っていて・・・丸一に絵描きさんを泊めては絵や書を描いてもらっていたみたいですよ?
中にはオリジナルの作品も多く見られます。
調度品などと一緒に見るとちょっとした美術館みたいですよ!
ただ・・・・見る人によってはわからなくて素通りする物も多いと思いますが・・・。
ぜひいろいろを注意してみてくださいね。
予習があると丸一がもっと良く見えますよ!
襖の書画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です