たくみの里にある泰寧寺

今回は群馬県重要文化財に指定されている泰寧寺の紹介です。
泰寧寺は1309年開創の曹洞宗の古刹です。
杉木立に囲まれた境内は緑豊かですごくキレイですよ。
階段の途中にある山門はくさびを1本も使っておらず、群馬県の重要文化財に指定されており、東国花の寺35番で、7月になるとアジサイが咲き乱れ『あじさい寺』とも呼ばれています。
なかなか雰囲気もいいので古い建物が好きな方は必見です。
本堂が最初に作られたのが桃山時代、山門は江戸時代みたいですよ。
歴史深いですねえ・・・・。
泰寧寺の山門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です