ザゼンソウ

僧侶が座禅を組む姿に見えるところから、その名が付いたと云われています。
尾瀬の玄関口片品村の「花咲針山のザゼンソウ群生地」では、所々に残雪もある中で、顔をのぞかせ始めたとの事です。
国有林1千平方メートルに群生地は広がっていて、水芭蕉の前の湿原に現れます。
地元では、4月中旬位が見頃だが、今月末位までは見られるのではとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です