山椒

「山椒は小粒でピリリと辛い」と云いますが、葉の方もピリリと辛いですよ。
この所、暖かくなって、新芽が吹いてきました。
煮物、特に、この季節に出回る竹の子とは、とても相性がいいですね。
この間の料理番組で、春先に出る胡椒の芽は木の芽と呼ばれ、それ以外の季節は、山椒の芽と言うそうです。
もう少し開いてきたら、花芽をなるべく残して摘み、佃煮にします。朝食の、お魚の付け合せに、お客様にお出しします。
芽からは、山椒の実が生りますが、それは次の機会に紹介します。
それから山椒は、葉や実だけでなく、木も利用できます。堅いので、すりこ木棒にとてもいいですよ。
私も直径5センチ位のすりこ木棒を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です