山椒の佃煮

この所、木々の新芽も日一日とグングン伸びて、庭の山椒の葉も早く摘まないと固くなりそうです。
意を決して、トゲと戦いながら新芽を摘んで、佃煮にしました。
まず、熱湯にほんの少し重曹を入れ、さっと湯がいてから、しょう油、砂糖、酒で味を調えながら、しっかりと煮詰めます。その頃には台所中、山椒の匂いが充満してしまいます。
ピリピリした辛さと甘辛い味は、ご飯、お茶漬け、おにぎりに最適ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です