浅間山の鬼押出し園

昨日からお休みを利用して嬬恋バラキ高原にある高原のホテルラパンにお世話になってきました。
館内や室内の設備が整っていてなかなかゆっくりできました。
室内に半露天風呂、そのほかにも貸切風呂が4つあり、和洋風な雰囲気です。
料理も新鮮な野菜を中心にした創作和フレンチでおいしかったですよ。
お値段は結構張りますが記念日などで行くにはいいと思います。
次の日軽井沢へ抜けるために有料道路を通っていくのですが、その途中に鬼押出し園があったのでついでに寄って来ました。
鬼押出し園は、天明3年(1783年)の浅間山噴火によって生まれた、溶岩の芸術で、火口で鬼があばれ岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が、この名前の由来となっているそうです。
ここへ来たのは子供の頃以来です。
記憶を辿りながら園内をまわってきました。
浅間山と周りに見える山々がとてもきれいでした。
みなさんも通ったら行ってみてくださいね。
omiosi.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です