雪の下から

今年はそれほど雪は多くありませんが、解けそうになるとまた降ってくるといった感じです。

ところどころ雪が解けて土が見えてきたところからふきのとうが顔を出しています。

それを少しだけですが収穫しました。

まだまだお客様にお出しできるほどの量ではないので酢味噌和えにして食べてみました。

独特のくせがあるふきのとうですが口の中いっぱいに春の香りが漂いました。

早く春になっておいしい山菜がいっぱい食べたいもんです。

 

ふきのとう

 

ふきのとう

ここ数日、寒い日が続いています。

猿ヶ京もやっと冬景色になりました。

うっすらと白くなったガルニの周辺でふきのとうが顔を出しました。

季節を間違えたのか、それとも春を待ち切れなかったのか。

せっかく頑張って出て来たんですが、おいしそうなので少し味見でもしてみようかな。

 

ふきのとう