自家製みそを作りました。

丸一のお味噌汁は美味しい❗とお客さまに良く言われます。

自家製みそ 麹 笹 殺菌 酵素 醗酵それもその筈(?)そのお味噌は女将を始め、旅館のスタッフ全員で作る自家製味噌なんです❗
しかも麹を通常の3~4倍も入れるのでとても甘くてこくが有ります。
とあまり自慢し過ぎるとホントの「手前味噌!」になってしまいますね。

まず、大豆を水に浸けて一昼夜ふやかし、それから大鍋で豆が柔らかくなるまで半日くらい煮ます。

大豆を冷ます工程

煮終わった大豆を空気に触れさせながら冷やしていきます。

大豆と塩を混ぜる工程

ある程度の温度になったら塩でまんべんなく揉んでいきます。

大豆と麹を混ぜる工程

そこへ麹を混ぜ合わせます。

ミキシングした大豆と麹をました

ミキサーですりつぶした後空気に触れないよう、押しながら樽へ詰めていきます。

最後の最後まで空気を抜きながら樽に詰めていきます。

丸一の場合本館、別館と合わせて大豆20キロ、麹80キロと大量なので相当な時間を要します。

一般的な味噌作りとの相違点は、最後、樽の一番上に旅館の廻りに自生している笹の葉を敷き詰めると言う、先人たちの知恵を実行している事でしょうか。驚く事に、笹の葉の抗菌作用でカビが全く生えません❗

もうひとつ、興味深い話です。
味噌作りの朝は、直前に手や衣服の殺菌をしますが、もうひとつの注意点は納豆を朝食べて来るのは禁止です。
納豆箘はとてつもなく強力なので麹箘が負けてしまうとの事。
まだ納豆箘に侵された味噌にお目にかかった事がないのですがとても興味深い話だと思いませんか?

出来上がり

話が飛んでしまいましたが、今年の「丸一味噌」は約半年後から食べられます。

今旅館でお出ししているのは去年作った物ですが、二~三年位までの熟成過程の味をそれぞれ楽しんで戴けたらと思います。

次回いらっしゃった時に、丸一のお味噌汁や味噌料理、そんな想いで味わって戴けたら幸いです。

今年も沢庵をつけてみました。

今年も漬けました。
沢庵です!

いつもより少し細めですが、県内の大根農家の方が丹精込めて育て、自宅の軒先で乾しあげた物を購入しました。
丸一ではそれを、ベトナムの自然塩とざらめ、煎り糠、唐辛子をちょっとで漬け込みます。

年末には、好評の漬物ビュッフェの中のひと品としてお出ししますので、皆さまどうぞお楽しみに!

群馬県みなかみ町の土合駅 「日本一のモグラ駅」

丸一にお泊まりのあるお客さまが「あそこは凄い!世界遺産になってもおかしくない!」と仰有るので。

行って参りました。
「土合駅」です!

そこは丸一から車で山越えして45分程の谷川岳の麓に有ります。
駅舎自体は寂れた感じの廃屋(失礼!)にも見えますが、実はまだちゃんと機能しているんですね。

この何の変鉄もない駅が何故すごいのかを確かめに、無人の改札を抜けて狭い通路を進んで行きます。
すると突然現れる、暗いドーム型のトンネル!
見下ろした瞬間、思わず声にならない声を上げてしまいました。

土合駅

それは異次元の世界の入り口のような大きなトンネルが地下に向かって伸びていました。

そこからホームに行く為に482ある階段を降りるのですが、その途中も誰も居ないとかなりの怖さが有ります。

これが日本一のもぐら駅と言われるゆえんなんですね。
標高差は82メートルもあります!

ホームに到着すると線路が左右に伸びていますが、そこに立つとやはり心穏やかではないものを感じるのは私だけでしょうか?

谷川岳へ行く人達にとってはなくてはならない駅ですが、
そうでない人も、一度は行ってみるべき所かも知れません。
途中のドライブも山の景色が綺麗です。

旅籠屋丸一の看板猫

丸一本館、万葉亭別館から見える周りの山々もすこしづつ色づいて来て季節の変わり目を実感する今日この頃です。

このブログも暫くお休みしていましたが身近な話題やお知らせなど再びお伝えしたいと思いますので宜しくお願いしますね。

今日は旅籠屋丸一の看板ネコのご紹介です。
すでにご存知のお客さまも多いかと思いますが、そうなんです。
この子なんです。

主に別館の玄関近くの石畳に寝転んでいて、お客さまに声を掛けてもらうのを待っているんです。

一見可愛らしく見えますが、実はこのネコ19歳。人間で言えば100歳近いおじいちゃん。
でもまだまだ元気にお客さまのお迎えが出来そうなので、
もしこの「おちゃちゃん」を見かけたら是非声を掛けてあげて下さいね。

しだれ桜の開花

猿ヶ京温泉にも春がやって来ました。
今年はだいぶ暖かいですね。
しだれ桜は一週間くらい早い開花です。

ご連絡が遅くなりまして申し訳ございませんが、ご来館される方は参考にしてください。
風や雨が激しくなければ、4月15日辺りまでは見れると思います。

年に一回の一大イベントをお見逃しなく!!